TOEICパート5、6で頻出:「名詞を修飾する、現在分詞-ing,過去分詞-edの使い分け」は、大前提として:自動詞・他動詞の理解が大事です!

英語

段々と秋が深まり、肌寒い日も増えてきました。英語学習にはもってこいの季節なのではないでしょうか😀

早速ですが、本題です。

TOEICのパート5、6の文法問題で、”冠詞と名詞”の間や”前置詞と名詞”の間にある現在分詞-ingと過去分詞-edの使い分けを問われる問題があります。

現在分詞-ingと過去分詞-ed 、どちらを使うべきか、簡単な使い分け方法があります。

それは、修飾している名詞を主語にして使い分けをするという方法です。

修飾している名詞を主語にして使い分けをする方法

-ing 名詞 →名詞 is -ing. 「〜している」(能動態)

-ed 名詞 →名詞 is -ed.「〜される」(受動態)

例、a (sleeping / slept )cat

a cat is sleeping / a cat is slept→「猫が寝ている / 猫は寝させられている?」

この場合、a sleeping cat だと意味が通じるので、現在分詞 sleeping が正解となります。

しかし、私はこの説明だけでは、設問内容を理解することができず、何度も不正解となりました。

さらに理解を深めるべく、大事な大前提を知り、改めて理解することができ、設問を間違えないようになりました。

その大前提とは、分詞となる動詞が、自動詞なのか他動詞なのか判断することです。

自動詞と他動詞とは

自動詞と他動詞について、簡単に説明しますと、

自動詞

目的語を必要としない動詞。動詞の後に目的語がなくても文章が成立します。※第1文型や第2文型をとる動詞。自動詞に前置詞が組み合わさって、他動詞の働きをすることがある。その場合は、目的語を必要とする。

  1. 単語の訳に「〜を」、「〜に」を含まない。
  2. 動詞の後に目的語が不要である。

例:arrive「到着する」→arrive at「〜に到着する」(前置詞のat をつけることで「〜に」の意味合いになり他動詞として働く。)

I arrived.「私は、到着した。」

I arrived at Tokyo.「私は、東京に到着した。」※arrive at で他動詞として働く

他動詞

目的語を必要とする動詞。動詞の後に目的語がないと、文章が成り立たない。※第3文型や第5文型をとる動詞

  1. 単語の訳に「〜を」、「〜に」を含む。
  2. 動詞の後に目的語が必要である。

例:reach「〜に到着する」

I reached……「私は、に到着した。」では意味が通じない。。。

I recached Tokyo.「私は、東京に到着した。」

自動詞と他動詞の判別について、

動詞の9割は他動詞と言われています。そして、自動詞と他動詞の両方を取る動詞も多くあります。

なので、自動詞を意識して覚える方が効率的だと思います。

主な自動詞:

exist 存在する

occur 怒る

rain 雨がふる

live 住む

walk 歩く

wait 待つ

look 見る

listen 聴く

depend 頼る

complain 不平を言う

be 動詞

become になる※「に」という言葉が含まれるが、自動詞です。

自動詞と他動詞の両方をとる動詞の場合

例:stand :自動詞「立つ」、他動詞「立てる」

I stood on the chair.「私は机の上に立った。」

I stood the chair.「私は机を立てた。」

自動詞と他動詞とで分詞の働き方が違います!

  • 自動詞が現在分詞になる場合、「進行」の意味を持つ。「〜している」

a sleeping cat「眠っている猫」 ※ sleep「眠る」は自動詞

  • 自動詞が過去分詞になる場合、「完了」の意味を持つ。「〜した」

a stolen wallet「盗まれた財布」※ stole「盗みをする」は自動詞

  • 他動詞が現在分詞になる場合、「能動」の意味を持つ。「させる」

the woman speaking Japanese「日本語を話している女性」※ speak「〜を話す」は他動詞

  • 他動詞が過去分詞になる場合、「受身」の意味を持つ。「される」

boiled eggs 「ゆでたまご」

まず、その動詞が自動詞なのか他動詞なのかを判別し、それから名詞を修飾している分子がどのような意味合いを持つものなのか、そこがわかれば、パート5、6の難問もクリアになってきます。

少しでも得点源になるよう、弱点から少しづつ克服しましょう。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました