ドトール愛がとまらない

暮らし

平日の仕事の合間のランチはほとんど一人でドトールに行きます。

仕事から解放されて一人になれるひととき。ゆっくりKindleで本を読んだり、インスタをチェックして、素敵な写真を見つけたり、今週末は何をしようと胸ときめかせたり、できるだけ嫌なことは忘れて自分時間に没頭する。私なりのストレス解消法。

鉄板メニューはツナチェダーチーズとアメリカンのS。

大豆ミートやクロックムッシュも好きですが、ミラノサンドと同じパンに、たっぷりのツナチェダーチーズが挟まれていて、温かくてチーズがとろーりとかなりおすすめです。ミラノサンドは自分へのご褒美の日に食べます。

若い頃は一人ビンボー旅行をよくしたのですが、夜行バスで朝早く着きすぎてお店が空いていないとき、ドトールで腹ごしらえをしたりとよくお世話になりました。ファストフードのように油っこくなく、美味しいメニューと優しい照明が慣れない土地でも気持ちをほっとさせてくれます。そして、ミラノサンドはどこに行っても裏切りません。

オレンジジュースも格別に濃くて美味しいので、是非ご賞味あれ。

今の時代、スタバやタリーズなど素敵なカフェがたくさんありますが、ドトールはいつも行列ができるほど混むこともなく、地域密着型で、ヨーロピアンな雰囲気となんとなくオレンジ色の照明が心を落ち着かせてくれて、一人でぼーっとすることに集中させてくれます。

スタバはもちろん格好いいし、飲み物も色々あって、楽しいけれど、私のような小心者はなんとなく気後れしてします。ドトールは老若男女を問わない敷居の低さが懐の広さを感じさせ、それも離れられない理由の一つだと思います。

最近、ドトールへ行くと、「ミランサンドA」という曲が流れます。心地よいリズムで一度聴いたら頭から離れられません。 xiangyu という日本人の女性が歌っているそうです。

この曲も嫌なこと忘れて、リセットさせてくれます。

私にとって、仕事の合間のランチにもってこいのドトールなのでした。xsi

xiangyu – ミラノサンドA(Official Video)
xianguさんの「ミラノサンドA」

コメント

タイトルとURLをコピーしました